学会テーマ : 道の道とすべきは常の道にあらず ~病院の成長にゴールはない~

本年11月に予定する第39回大分県病院学会はその主題を「道の道とすべきは、常の道にあらず」とした。古代中国の思想家・老子の言葉である。老子哲学の解釈を巡っては多様な見解があるとされているが、ここでは「万物が流転することを認識し、現状に満足せず競争社会に身を置いて変わっていくことが肝要だ」と解釈する。むこう1年間の共有する言葉としたい。

 2021年4月16日 第39回大分県病院学会実行委員会


《お知らせ》

🌸 07.21 《会員病院》一般演題募集を終了し、発表者一覧を掲載しました。
🌸 06.30 《協賛企業》ランチョンセミナーの申込〆切を延長しました。
🌸 05.20 《会員病院》一般演題の募集要領を送りました。
🌸 04.21 《協賛企業》企業へ協賛趣意書を送りました。
🌸 04.16 《全体》学会テーマが決定しました。

学会概要

開催日時2021年11月28日(日)予定
会  場B-CON PLAZA(別府国際コンベンションセンター)予定
主  催一般社団法人大分県病院協会
共  催全日本病院協会 大分県支部
後  援大分県・ 別府市 ・(一社)大分県医師会 ・ 他33団体予定

097-540-5526受付時間 9:00-16:00 [ 土・日・祝日除く ]

事務局へのお問合わせ